【電子書籍】第249回モンキーズ例会 第8講リハビリクイズ講座

  • C31531265

<電子書籍です。ご入金確認後にメールでお送りします。添付ファイルを受け取ることができるメールアドレスをお知らせください。>

2017年4月に実施された大阪のクイズサークル「モンキーズ」定例会の問題を収録した長文クイズ問題集です。
全107ページ。付録として北海道クイズ愛好会2017年4月定例会の問題も一部収録しています。以下、収録問題のサンプルです。

●ヨーロッパからは見えない12個の星座はまとめて1ページに記載されているのは例外とし、原則1つの星座が1ページに描かれる体裁を取っている、この書物の星座の表示法を正しいものに直したいという思いがイギリスの天文学者ジョン・フラムスティードが自身の代表的著作『天球図譜』を著す動機の1つにもなった、ドイツの法律家ヨハン・バイエルによって出版され、別名を「バイエル星図」という星図で、この中で現在も用いられている、明るい星の順をバイエル文字というギリシャ文字で著す体系が初めて導入されたのは何?

正解:『ウラノメトリア』

●10分程度の短い噺であ り、若手が鍛錬のために演じるいわゆる「前座噺」の1つとして知られ、2010年から毎年8月に岐阜市で開催される学生落語の全国大会の名前にもなっている、3代目三遊亭金馬がその演者として名高い古典落語の演目で、おならを意味する医学用語を知らないお寺の和尚さんが、知ったかぶりをしてこれを盃のことだと思い込み、とんちんかんなやりとりが繰り広げられるという内容なのは何?

正解『転失気』

●2012年3月1日刊行のアメリカの雑誌『ローリング・ストーン』の表紙でもポール・マッカートニーが吹いている、ひもやチェーンを通す金具がついていることからアクセサリーとしても使える、ドイツの楽器メーカー、ホーナー社が製造する、重量7.5g、長さ3.5cm と世界一小さなハーモニカで、1965年12月16日、ジェミニ6号に乗った宇宙飛行士ウォルター・シラーがこの楽器で『ジングル・ベル』を演奏し、史上初めて宇宙で奏でられた楽器となったのは何?

正解:Little Lady

●731部隊では慶応大学医学部教授・小林六造の「赤痢患者付添人の赤痢菌感染発症に関する研究」の共同研究者の1人に名を連ね、また大腸菌同士の拮抗作用について詳細に研究するなど細菌学の分野で業績を残している、クリスチャンであり京都市にある日本バプテスト病院の第3代院長を務めた医師で、日本赤十字社中央血液センター所長を務めていた際に輸血などに使うため無償で血液を提供することを意味する「献血」という言葉を造語したのは誰?

正解:大林静男

発行:2017年9月
発行者:リハビリクイズ講座実行委員会


販売価格
¥500
在庫状態
在庫有り
数量